清原けい子オフィシャルサイト

リンク | メールフォーム

MENU

2019/03/19自由民主党厚生労働部会「厚生労働行政の効率化に関する国民起点プロジェクトチーム(第6回)」で意見陳述

小泉部会長、佐用町長と

 衆議院の厚生労働委員会と本会議の間の正午から12時45分まで開催された、自由民主党厚生労働部会「厚生労働行政の効率化に関する国民起点プロジェクトチーム(第6回)」に参加しました。

 このプロジェクトチームは、自由民主党厚生労働部会の小泉進次郎部会長のもとに設置されたもので、この間は、厚生労働行政の効率化について、特に介護保険制度に関する事務負担の軽減について検討されているとのことです。これまで介護事業者の声を聴かれたとのことで、今回は元厚生労働大臣の田村憲久座長の進行で、介護保険の保険者である市町村の声を聴きたいとのことで、全国町村会からは理事で兵庫県町村会長の兵庫県佐用町の庵逧典章(あんざこのりあき)町長が、全国市長会からは副会長である私が自治体の実情と意見陳述を依頼され、参加しました。

 私は、『国民住民起点・多職種連携・協働による三鷹市の取り組みと介護保険サービスの事務負担の軽減についての視点』をテーマに報告しました。具体的には、第1に、国民起点・住民起点として介護保険制度を考えるとき、まずは高齢者の視点を起点にするべきであること、第2に、三鷹市で展開している多職種連携による在宅医療・介護の連携など地域包括ケアの取り組みについて、第3に、三鷹市で実施した総務省ICT街づくり推進事業における多職種連携の試行の事例について、第4に、「市役所(保険者)の視点」からは何よりも質を確保した円滑な制度運営が使命であること、第5に「ICTを活用する多職種連携や事務効率化を図る際の課題」として、個人情報保護、セキュリティ確保が不可欠であること、第6に国民・住民起点の介護保険制度の円滑な運営には「協働」の理念と実践が必要であり、それを実現するICTを活用した事務の改革とネットワーク化が有用であることから、国・保険者(市町村)・事業者が協力して「高齢者本位」の取り組みを進める協働の枠組みの構築が必要であると発言しました。

 二人の報告の後で会場からいくつかのご質問やご提案をいただきました。終了後、小泉部会長は、私が問題提起した介護保険制度の円滑な運営についての国と地方の協議の場をぜひ創る方向で検討したいので、市町村と一緒に考えていきましょうと言われました。介護保険を利用される立場の国民住民起点での改革の必要性の共有が重要であると考えます。

2019/03/17三鷹市星と森と絵本の家「絵本縁日2019」での創り手の皆様との出逢い

絵本縁日ののぼりを前に

 三鷹市大沢の自然科学研究機構国立天文台の構内にある「三鷹市星と森と絵本の家」は、三鷹市が国立天文台と協働して、天文台構内に大正時代に建てられた旧1号官舎の部材を活かして復元し、平成21(2009)年7月7日に開館したユニークな施設です。

 毎年3月に開かれている「絵本縁日」は、子どもたちのスタッフによる綿あめやクレープなどの模擬店、「星と森と絵本の家フレンズ」によるオリジナルグッズの販売、絵本に関連した多様な市民グループが出店しています。今年は、20以上のグループの出店者の中で、三鷹市ゆかりの絵本の創り手との出逢いがありました。

 お一人は三鷹市在住のU-sukeさんです。U-sukeさんはオーストラリアのメルボルンに留学中に「illustre展」で最優秀賞を受賞、帰国後にイラストレーターや絵本作家として活躍され、2015年にイタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選されました。2018年8月には『プロペラちどり』(フレーベル館)を刊行されていることから、今年の縁日では「ワークショップ・ひこうきづくり」を出店されました。

 お二人目は三鷹市出身の歌人の天野慶さんで、三人目は三鷹市在住のはまのゆかさんです。天野さんは『歌集 つぎの物語がはじまるまで』(六花書林)『はじめての百人一首ブック』(幻冬舎)を出版されている歌人ですが、三鷹市在住のはまのゆかさんが絵を描かれ、天野さんが文を書かれて出版された『ママが10にん!』(ほるぷ出版・2018年)の作者として「はまの&あまの ゆかいな絵本 読み聞かせと絵本販売」の出店をされていました。お二人は『だめだめママだめ』(ほるぷ創作絵本・2011年)でも注目されていた、母親としての体験と実感をこめた作品を生み出されています。

 こうして、絵本との出逢いだけでなく、三鷹市ゆかりの絵本作家の皆様とも出逢える「絵本縁日」には、まさに人との「ご縁」がちりばめられていました。

2019/03/16三鷹駅南口西側地区に竣工した「トリコナ」の商業・業務部門の先行オープンを訪問

三鷹駅南口トリコナの2階入り口で

 三鷹駅南口中央地区再開発組合によって整備され、2019年2月に竣工した、地上26階・地下2階建て・総戸数184戸の分譲タワーマンション「グレーシアタワー三鷹」と、1階から5階に商業・業務フロアとを有する、全体の名称を「トリコナ」とする施設の商業・業務フロアが3月16日に先行オープンしました。

 当日は、1階には郵便局・飲食店・携帯電話ショップ、2階にはコーヒーショップ、3階には100円ショップがオープンしていて、多くのお客様で混雑していました。また3階には、4月から診療を始める複数の医療機関が整備中でした。

 本施設には、1階から複数個所に駅前デッキへのエスカレーターが設置されており、2階は三鷹駅に直結していることから、移動にデッキを利用する際のバリアフリーの度合いが高まりました。4月1日からは、地下1階に、三鷹市立三鷹駅南口駐輪場(一時利用のみ)と三鷹市立三鷹駅南口サイクルシェア駐輪場が利用開始となります。

 今後は順次、分譲マンションに転居される方も増えていくことが想定されます。JR三鷹駅は駅前にお住いの方のみならず、幅広い市民の皆様、来訪者の皆様にとって重要な交通の要所ですので、2019年度に予定している駅前デッキの改修や駅前交通広場の安全確保に向けた取り組みの必要性を改めて痛感しています。

2019/03/164月に開院する医療法人社団實理会「東京国際大堀病院」の内覧会に参加

医療法人社団實理会東京国際大堀病院前で

 市内下連雀4丁目の旧・武蔵野病院が、4月に医療法人社団實理会による「東京国際大堀病院」に生まれ変わることになり、内覧会に伺いました。

 医療法人社団實理会の理事長で、病院長の大堀理(おおほりまこと)先生は、アメリカ合衆国ニューヨーク市でがん治療の経験をされた後、東京医科大学教授・ロボット手術センター長を歴任されているとのことで、『ロボット手術と前立腺がん』(祥伝社新書・単著)などの近著もある泌尿器科の専門医です。私は、副院長で泌尿器科診療部長の権藤立男(ごんどうたつお)先生に病院内をご案内いただきました。

 三次元の患部の映像を見ながら手や足で鉗子やカメラを操作する「手術支援ロボット:ダヴィンチ」の実物を初めて見ました。最新の対外衝撃波結石治療室やCTスキャン室も設置されており、本病院が目指しているのは「世界でもトップレベルの先端医療機器を備えた医療環境下で、疾患の根治だけでなく、患者の生活の質も重視した最善の治療を提供する専門家による国際病院」であり、「先端医療を三鷹から世界へ」とのことです。

 尿管結石や前立腺がんなどは長寿化とともに増加傾向にあるとのことですので、泌尿器科を中心とする専門病院が、三鷹市医師会と連携して患者の皆様のために連携して早期に適切な治療をしていただくことは大変に有意義と感じています。

2019/03/10西部地区住民協議会主催第40回コミュニティまつり

西部住民協議会主催第40回コミュニティまつりにて

 三鷹市には7つのコミュニティ住区に7つの住民協議会が管理運営するコミュニティセンターがあります。住民協議会は公募の市民委員により構成されており、西部地区住民協議会(会長:山下美和子さん)には、三鷹市の指定管理者として井口コミュニティセンターの管理運営を担っていただいています。そして、恒例のコミュニティまつりは今年で40回目を迎えており、二日目の10日は穏やかな天候に恵まれて多くの来場者が集っていました。

 2階のホールには、地元の保育園、幼稚園、小中学校の児童生徒による図画工作や美術の作品が所狭しと展示されており、親子そろって作品を見る姿がある一方で、隣の会議室では中高年の方を中心に健康測定がなされており、まさに多世代の出会いが促されています。1階の体育館では、美術、書道、生け花、コンピュータグラフィックス、地域の歴史研究などが発表されているとともに、発表コーナーでは子どもたちのモダンダンスのあとで、平均年齢が70代と紹介されているフォークダンスのグループの発表が行われるなど、まさに多世代の競演が実現しています。

 防犯、防災、高齢者福祉、選挙などに携わるボランティアの皆様による啓発コーナーも参加者が多く立ち寄って相談などをされています。庭では、井口囃子の披露があり、焼きそば・うどん・おでん・やきとりなどの模擬店が好評で長い行列ができています。私は約2時間ゆったりとコミュニティまつりを堪能しましたので、コミュニティセンターは地域の皆様の活動の拠点であり、交流の拠点であり、コミュニティまつりはその発表の場であること、それを会長はじめ役員の皆様、企画と実行の役割を担う多くの市民の皆様の活躍によって実現できていいることの意義を再確認しました。

 さて、井口コミュニティセンターに伺うときの私の楽しみの一つは、入り口に設けられている草花をアレンジした小庭です。どなたがアレンジされているのかがようやく今日わかりました。住民協議会の役員を務めてこられた地元の農業者である大野克二さんの作品でした。当日は、さりげなく桜の花も飾られていて、一足早く春の訪れを感じることのできるまさに「歓迎のおもてなし」であり、今後もぜひ、来館する皆様の心を癒し、楽しませていただくことを願っています。

2019/03/10元気な子どもたちからエネルギーを得た日曜日

平成31年三鷹市少年軟式野球連盟春季大会開会式

 朝から雨が降るという3日ほど前の天気予報をくつがえす青空が広がった日曜日の午前8時30分、私は三鷹市大沢総合グラウンドの野球場で開催された三鷹市少年軟式野球連盟主催の「平成31年春季大会開会式」に出席しました。

 小学校の新2年生から新6年生までの29チームが、保護者や監督・コーチ等指導者の皆様が見守る中、しっかりと前を向いて入場行進をしました。女子の選手も数年前より多くなったような気がします。新6年生のチームで優勝すると、6月に開催予定の東京都大会に出場できるということで重要な大会です。先の大会で優勝したチームが優勝旗やカップを返還するときも礼儀正しく、選手代表による宣誓も「平成最後の年の大会をみんなで正々堂々と盛り上げたい」と力強いものでした。

 始球式でバッターを務めた後、私は三鷹市SUBARU総合スポーツセンター武道場に向かい、三鷹市剣道連盟主催「第33回三鷹市春季少年剣道大会開会式」に出席しました。市内には三鷹武道館、西三鷹宗武館など伝統ある剣道団体や三鷹警察署の剣道教室もありますし、中学校では市立中学校だけでなく、都立三鷹中等教育学校や法政大学中学校もあることから、年々剣道大会への参加者が増え、女子の参加者も増えているように感じていました。すると、本大会から、それまで「中学校女子」とされていた部門が、男子と同じように「中学校1年生の部」と「中学校2・3年生の部」の二つに分けられるようになったということで、剣道連盟の対応に私の実感が重なっているように思いました。

 開会式の後に、3月9日に東京武道館で開催された「第14回東京都少年剣道大会」に参加した選手7名による木刀による剣道基本技稽古法の演技がありました。当日は惜しくも入賞は逃したとのことですが、7名の落ち着いた演技に力強さを感じました。

 午後は1時30分から三鷹市公会堂光のホールで三鷹市及び三鷹市教育委員会主催「第109回親子音楽会」で主催者を代表してあいさつをしました。親子音楽会は昭和42(1967)年から三鷹市管弦楽団の演奏を乳幼児と保護者が一緒に楽しんでいただけるために企画しているもので、最近では定員の2倍の希望者が申し込まれる人気ですが、特に好評なのが「あなたも名指揮者コーナー」です。女の子、男の子、お母さん、お父さんから一人ずつ会場で挙手していただき、選ばれた方がオーケストラを指揮するのですが、今年は6歳の女の子、7歳の男の子が正々堂々と胸を張って指揮をしていました。

 その後、鷹南学園三鷹市立第五中学校に向かい、「第10回鷹南祭」のクロージングセッションに参加しました。鷹南祭は、当初は第五中学校のおやじの会の皆様が、いわゆる「文化祭」のない中学生たちが、日頃の学習活動、クラブ活動やクラスの活動を公開して、各学年の交流や生徒の相互理解を深めるとともに、地域の皆様に中学生への理解や協力を深める趣旨で開始されました。今年で10回目を迎えられたのですが、おやじの会の現役やOBが支援しつつも、数年前からは生徒が実行委員会を組織して企画・運営するようになりました。毎年参加している私は、今年はクロージングセッションにようやく間に合ったのですが、舞台での私の激励の言葉に対する生徒の傾聴と臨機応変な反応に、「コミュニティスクールを基盤とした小中一貫教育」の深まりとともに、生徒の他者理解や自己肯定感が深まっていることを感じました。

 今日の日曜日の一日は、元気な子どもたちからエネルギーを得ることができました。まさに、子どもたちは未来を牽引する存在だと痛感する一日でした。

2019/03/09上野公園「時忘れじの集い」の慰霊碑「哀しみの東京大空襲」供養式に参加

発願者の海老名香葉子さんと

 「一般社団法人 時忘れじの集い」が主催し、台東区が後援されている上野公園「時忘れじの集い」の一環として開催された「慰霊碑『哀しみの東京大空襲』供養式」に初めて参加しました。

 主催団体の代表は海老名香葉子さんで、落語家の初代林家三平さんの奥様であり、現在の落語家である林家正蔵さん、林家三平さんのお母さんでもあります。海老名さんは、昭和8(1933)年東京下町の本所生まれで、昭和20(1945)年の東京大空襲でご家族ご親族と死別していわゆる「孤児」として育った経験から、東京大空襲の哀しみを決して忘れてはならないと語り部としての活動をされています。そして、15年前に上野寛永寺輪王殿脇に慰霊碑「哀しみの東京大空襲」を、上野公園清水観音堂横に「時忘れじの塔」及び「平和の母子像」を建立され、この集いを主催されています。

 私は、7年ほど前、東京都主催の「東京都平和の日記念式典」で式典の委員をされていた海老名さんとお近くの席で出会ったご縁で、毎年ご案内をいただいてきましたが、これまでは公務と重なり参加できないでいました。土曜日の当日は、春の日差しがうららかな日で、多くの参列者がお集まりの中で東京大空襲で亡くなった方々に哀悼の意を表することができました。また、海老名さんと上野観光連盟の二木忠男会長から「時わすれじの集い」の趣旨と慰霊の言葉をお聞きしました。

 84歳になられた海老名さんは最近過労で体調がすぐれないとのことでしたが、「東京大空襲の哀しみを決して忘れることなく平和を大切にしていきましょう」と力強く私たちに語りかけました。園内では、春めいた陽光に気がせいたのか咲き始めた桜の木もあり、さえずる小鳥の声もあり、それぞれに参加者を和ませてくれました。

2019/03/04東京大空襲を経験した三鷹市民の絵画が伝える東京空襲展

東京大空襲の絵画を書かれた長谷緑也さんと

 3月10日は昭和20年に東京大空襲があった日です。三鷹市では、東京都より資料の提供を受けて、市役所本庁舎1階の市民ホールで「東京空襲資料展」を開催しています。

 4日(月)から8日(金)までの前期は、市内井の頭在住の長谷緑也さんが描かれた東京大空襲の絵画展です。長谷さんは、大正14年3月14日のお生まれで、本会期中に94歳になられます。

 昭和20(1945)年の3月、長谷さんは19歳で徴兵され、出征兵士として品川駅から軍用列車に乗る途中に、大空襲で焼け落ちた東京の下町の風景を目に焼き付け、心に刻まれていました。行き先を教えられていなかった長谷さんは、結局、博多から釜山港に向かい、満州で終戦を迎え、シベリアに抑留されました。その時の記憶を描いた絵画は、市役所3階の平和資料コーナーに展示しています。そして、長谷さんが語る東京大空襲と抑留の体験談は、三鷹市ホームページのトップページからご利用いただける「みたかデジタル平和資料館」でご覧いただけます。

 初日の4日、空襲展に来られた長谷さんは、「書きたかった東京大空襲の絵をようやく描くことができましたが、絵だけでは残せない内容があり、文献を調べて文字や数字も書き込んでしまいました。ぜひ、多くの方に伝えたいと思って懸命に描きました。ぜひ、研究して描いた当時の飛行機と空襲による悲しい赤の色から戦争の悲惨さを感じてほしい」とおっしゃっていました。94歳とは思えぬ絵画の筆力の強さと、背筋を伸ばし溌溂としたお姿に、歴史の証人として次世代に語り伝えたいという想いの強さを感じました。感謝いたします。

 なお、11日から15日までの後期は、東京都及び三鷹市が所蔵する空襲関連の写真パネルを展示します。

2019/03/03「東京都空き家フォーラムin三鷹」を開催

空き家セミナーで実家片付けの専門家渡部亜矢さんと

 平成30年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業と連携して、三鷹市と東京都の同事業を行っているネクスト・アイズ株式会社が共催して「東京都空き家フォーラムin三鷹」を開催しました。

 午前中は岡村宝美税理士による「40年ぶりの相続民法大改正~相続税制の新制度と対策方法」、午後は一般社団法人実家片づけ整理協会の渡部亜矢代表理事による「後悔しない『親の家』の片づけ術」と題する講演が行われました。セミナーの会場の隣では、空き家の維持管理・売却・利活用や権利関係の調整等についての相談コーナーも設置しました。

 冷たい雨の降る日にも関わらず2回のセミナーにはそれぞれ30名ほどの皆様が受講され、受講後に相談コーナーで熱心に相談される方も多く見受けられました。

 三鷹市では、平成29年度に専門家の皆様による「空き家等対策協議会」を設置して、今月には「三鷹市空き家等対策計画」を策定します。また、昨年12月に11団体、今年の2月に1団体との間で「三鷹市における空き家等の適正管理、有効活用等の推進に関する協定」を締結しました。

 弁護士会、税理士会、司法書士会、建築士会、行政書士会、土地家屋調査士会、宅地建物取引業協会、不動産協会、不動産鑑定士協会や金融機関の皆様との協定を通して、今後とも、幅広いネットワークで、庁内も横連携で空き家問題に取り組みます。そして、当日は3月3日ということで、会場の三鷹駅前コミュニティセンターの1階には、伝統的なひな人形が飾られていて、桃の節句のおもてなしに心が和みました。

2019/03/03第29回武蔵野・三鷹退職校長会作品展を訪問

退職校長会の干し芋の研究展示の前で

 武蔵野市と三鷹市で小学校及び中学校で校長を務められ退職された方々による武蔵野・三鷹退職校長会(本郷浩之会長)では、毎年度末に作品展を開催されており、今年で29回目を迎えています。

 今年の作品展は3月2日から4日までの三日間開催され、書、絵画、写真、彫刻、工芸、文芸、音楽など幅広い分野の作品が15名の出品者によって展示されていました。私が特に印象に残ったのが、前会長の田原良敏さんによる茨城県の干し芋に関する研究です。実際に農家を訪問して取材し、その写真や解説とともに現物の多種類の干し芋を展示されていました。

 校長を退職されてからそれぞれの形で地域貢献をされつつ、書や写真を退職後に始められた方も多く、この作品展を通して、退職校長の皆様が生涯学習の実践者として交流されている継続的な意欲に学びました。