エントリー

三鷹の森ジブリ美術館が再開に向けた取り組みを発表しました

三鷹の森ジブリ美術館が再開に向けた取り組みを発表しました

昨日、三鷹の森ジブリ美術館が、再開に向けた取り組みを発表しました。

7月中旬から三鷹市民の皆様に向けた抽選による若干名のご招待という「小規模な開館」からはじめるとのことです。

ジブリ美術館は、大小の入り組んだ空間に所狭しと配された展示物を、直に触れることが魅力ですから、安西香月館長はじめ職員の皆様がどのようにいわゆる「三密」を避けて、安心して来館し鑑賞していただけるかを、慎重に検討されてきたとのことです。

状況によって、9月から一般の方々の来館も検討するとのことです。
丁寧に「安全性」を検証しながら、新しい美術館の未来に向けて、まずは小規模開館の発表を歓迎します。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed