エントリー

全国市長会会長の立谷秀清相馬市長と対話しました。

全国市長会会長の立谷秀清相馬市長と対話しました。

先日、全国市長会の会長である立谷秀清相馬市長が公務で東京に来られた折に対話しました。

医師であり、福島県の市長会長でもある立谷会長は、福島県の「新型コロナウイルス感染症医療調整本部会議」の委員も務めています。
そこで、継続するコロナ禍にあって、現状と今後の課題を伺ったところ、「感染者への偏見や差別を払拭するとともに、感染者の心のケア や、想定されるインフルエンザ 流行への備えが重要」と話されました。

また、
「各病院が、新型コロナウイルス感染症対策として、PCR検査や抗原検査を実施したり、感染者の入院の受け入れをしていく際には、県と市町村が適切に連携をして、市町村の境を越えて、役割分担をはかるなど、自治体間で連携していくことが重要である」
「今年も台風や豪雨の被害があり、相馬市でも、新型コロナウイルス感染症対策をとった避難所の開設と運用に苦労があった。これからも台風対策で同様の困難があるので、全国的に情報共有しながら、対応していきたい」と話されました。

立谷会長は今後、「インフルエンザ流行期を控えていることから、全国市長会会長として、知事会、町村会と連携しながら、国と地方の協議の機会を生かして、新型コロナウイルス対策とインフルエンザ対策とに取り組み、国民・市民の健康を確保していきたい」と力強く話しました。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed