エントリー

三鷹市医師会高橋壮芳医師による「在宅医療 いろはのい」の講演を拝聴しました。

三鷹市医師会高橋壮芳医師による「在宅医療 いろはのい」の講演を拝聴しました。

今夜は、地域ケアネットワーク新川中原の委員会に推進委員として参加し、学習会で、三鷹市医師会高橋壮芳医師による「在宅医療 いろはのい」の講演を拝聴しました。

医療費の増大、病院死の増加、近未来の看取り難民の増加等の背景から、在宅医療の必要性が顕在化されています。
高橋先生からは、在宅医療の魅力は、本人や家族の希望を尊重するオーダーメイドである こと、治療(cure)のみでなく支援(care)、寄り添いのチカラにあるとの説明を拝聴しました。

さらに、在宅医療は、介護との連携が重要であり、三鷹市の #在宅医療・介護連携推進協議会の意義と実践を説明されました。
在宅医療を含む医療・看護・介護・リハビリテーション・保健・予防が機能するには、生活・福祉サービスの土が、すまいとすまい方の植木鉢が必要で、根本には本人や家族の選択と心構えがあるとの地域包括ケアシステムの「植木鉢モデル」を紹介されました。

本人や家族の選択と心構えを醸成するには、私たち一人ひとりの医療や介護への理解が不可欠です。
三鷹市の地域ケアネットワークがまさにその理解を深める機会を提供していることと、そして今夜の参加者の皆さんの理解の深化がなされたことを実感しました。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed