エントリー

三鷹市のぶどうの旬が本格化しています。

三鷹市のぶどうの旬が本格化しています。

三鷹市のぶどうの旬は、これからまさに本格化します。

市内牟礼の果樹農家の板橋利定さんは、JA東京むさし三鷹地区果樹組合の組合長も歴任されたぶどうづくりとキウイフルーツ づくりの名人です。

平成26年6月24日に大粒の雹(ひょう)の被害を受けながらも、見事にぶどうやキウイフルーツを復活させたのは、優れた技術力に裏付けられた果樹への愛情と、日々の丹精です。
今年も、7月の長雨に8月の猛暑日の連続という難しい天候が襲いましたが、板橋さんのご努力で、皮ごと食べられるシャインマスカットや、クインニーナがたわわに実っています。

ぶどう狩り は9月の予定です。
板橋さんが育てたぶどう は、地方発送も可能で、その美味しさはもちろんのこと、首都東京都にある三鷹市名産の果物という意外性もあり、大変に人気です。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed