エントリー

インフルエンザの予防接種が始まりました。

インフルエンザの予防接種が始まりました。

10月に入り、インフルエンザの予防接種が始まりました。
厚生労働省によれば、今年は過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンを供給予定とのことです。
その上で、より必要とされている方に確実に届くように、ご協力を呼びかけています。

すなわち、原則として、予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は10 月1日(木)から接種を行い、それ以外の方は、10 月26 日(月)まで接種をお待ちいただくように、お願いしています。
もちろん、自治体によってワクチンの接種開始時期が異なる可能性があるので、確認が必要です。

10月26 日(月)以降は、特に、医療従事者、65 歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6ヶ月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。
私は65歳以上で、法定の定期接種対象者ですので、かかりつけ医 で、三鷹市内で開業されている角田徹先生に接種していただきました。

角田先生は現在、東京都医師会副会長で新型コロナウイルス感染症対策を担当されています。
三鷹市では私が市長在任中から、65歳以上の高齢者対象にインフルエンザ予防接種については一律2,500円の自己負担となるように補助していました。
今年はコロナ禍であり、感染リスクの高い高齢者の接種を促すためにも、自己負担分を 東京都が負担することとなり、接種にかかる費用は無料です。
先行き不透明なコロナ禍においては、インフルエンザの症状と新型コロナウイルス感染症の症状が類似していることもあり、厚労省も、東京都も、基礎自治体も、予防接種のあるインフルエンザの罹患を予防することに力を入れています。

角田先生は、「今年は皆さんがマスク・手洗いの励行などの予防対策をしているので、インフルエンザの感染者は例年より減少すると思われますが、予防接種をしたことに安心することなく、引き続き予防対策に努めることが大切です」と話されています。
角田徹先生のお人柄とご活躍については、私が『都政新報 』紙に連載中の「素顔の『創造人』たち」で紹介しています。

toseishimpo-20200324-thumb.jpg
https://www.kiyohara-keiko.org/view/100

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed