エントリー

【都政新報】素顔の「創造人」たち─清原慶子が聞く(30)

【都政新報】素顔の「創造人」たち─清原慶子が聞く(30)

清原慶子は都政新報(火曜版)に毎週コラムを連載しています。
今日は第30回(2020.12.01版)の内容を紹介します。

今回は、社会福祉法人プロップ・ステーション理事長竹中ナミさんを紹介します。

「チャレンジド(障がい者)を納税者に!」をスローガンに、1991年から30年間にわたり活動している「社会福祉法人プロップ・ステーション」理事長の竹中ナミさん(72)は、、ドローンを使った計測の3Dデータ化等を手掛ける「株式会社空間情報」と連携して2019年10月に設立した「ユニバーサルドローン協会」の主催で、今年の7月、神戸市北区の総合福祉施設しあわせの森で開催されたのは、障がい者を対象とした「ドローン操縦教室」を開催しました。
竹中さんが構想する「すべての人が持てる力を発揮し、支え合って構築する『ユニバーサル社会』の実現」は障がい者の皆様の為だけでなく、まさに「すべての人」が生きやすい社会を求めるものだといえます。

toseishimpo-20201201.jpg

都政新報はこちらのサイトから電子版を購読できます。
東京都政や自治体行政にご興味のある方はぜひ購読をお願いいたします。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed