エントリー

良いお年をお迎えください。

良いお年をお迎えください。

令和元年も大晦日を迎えました。
私は、4月29日に4期16年務めた三鷹市長職を選挙の結果を受けて退任し、6月には最愛の母が他界しました。
客観的には、今年はきっと人生の大きな節目とも言える年ではないかと思います。

市長を退任した後、私の気持ちや体調を案じ、役割や活動を気にかけてくださる多くの市民や友人の存在を改めて知る日々となりました。
それと共に、これまでとは態度が変わる人もほんの少しはいることの両方を体験しました。

私は、民主主義の地方自治を、「民学産公の協働」で進める市長の役割を、誠実に、公正に果たすように努めてきましたが、そこにはもちろん【清原慶子】という人格があったのだと思います。
私らしさは必ずそこには存在したのであり、市長の役割と責務が解けたとはいえ、個人としての私の人格を受け入れて、前三鷹市長として、一人の市民として変わらずにお付き合いいただく方が大多数です。
このことに、心から感謝して、私は泰然自若として生きています。
令和元年の大晦日に当たり、皆様にとって、思い出を胸に刻む歳末となりますように、来たる新年が、さらに思い出深い日々となりますように心からお祈り致します。

三鷹市の西空に大晦日の夕陽が沈みました。

昨夜、第61回日本レコード大賞に小学生が歌うFoorinの『パプリカ』が選ばれました。
そして、今夜のNHK紅白歌合戦紅組トップはパプリカとのことです。

この曲は、多くのユニークな楽曲で注目されている米津玄師さんがプロデュースされていて、TOKYO2020オリンピック・パラリンピックの応援歌です。
幼児や小学生が、日常的に授業や運動会などで歌い踊って浸透しています。

今年の幼稚園、保育園、小学校の運動会や、スポーツ教室の発表会などでパフォーマンスが披露されていました。
来年はいよいよ本番で、子どもから大人まで、パプリカの歌と踊りで、晴れた空に種が蒔かれていくことでしょう。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed