エントリー

岡田果樹園さんで三鷹産の銀杏をいただきました。

岡田果樹園さんで三鷹産の銀杏をいただきました。

秋晴れの清々しい日です。

三鷹市外の方におみやげに差し上げようと、ご近所の三鷹市北野にある岡田果樹園 の銀杏(ぎんなん)の直売所に行きました。
大粒の「東京新ぎんなん」は、三鷹特産でもあります。

ぎんなんは、ビタミンC、ビタミンEをはじめ、カリウムなどのミネラルも豊富です。
ハンマーやペンチで割れ目を入れた約10粒程度のぎんなんを封筒に入れて、しっかり封をして、電子レンジで1分ほどチンすると殻が容易に取れます。
そのまま食べても美味しいですが、茶碗蒸し、お吸いもの、鍋物、おでんなど、これからの季節にはいろいろなお料理で楽しめます。
ただ、特に子どもには消化しにくい要素があるようですから、食べ過ぎには注意が必要です。

岡田果樹園の岡田正夫さんは三鷹市果樹組合のメンバーで、キウイフルーツも生産されています。
かねては 東京むさし農業協同組合三鷹地区青壮年部の部長をされていました。
同じく青壮年部の役員をされている三鷹市井口の山本果樹園の山本達也さんが取り組んでいるぎんなんも大粒で人気です。

このように身近な場所に、旬の野菜に加えて果樹もあることは、三鷹市民として誇りであり、本当に幸いなことだと改めて思います。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed