エントリー

2回目の緊急事態宣言が発出されました。

2回目の緊急事態宣言が発出されました。

お正月の七草の日、新型コロナウイルス感染症対策の2回目の緊急事態宣言が発出されました。
今回は特に飲食店への午後8時まで営業という時短要請とそれに対する営業補償が主たる内容です。

実は私の亡父母は30代で脱サラをして、三鷹市内で小売の酒屋(酒販店)を50年余り営んでおりました。
駅前でなく住宅街での立地の為、店売りにとどまらず、居酒屋、スナック、ラーメン屋、焼き鳥屋などの飲食店への酒類等の配達で利益の大半を得ていました。
私も、高校生の時に自動車の免許を取得して、学生時代もその後も、配達を手伝っていました。

コロナ禍で、飲食店の経営の厳しさが増している中、当時のお得意様の飲食店の皆様のお顔を思い浮かべながら、心の痛みを感じています。
それと同時に、飲食店に材料を納めている酒屋、八百屋、魚屋、肉屋、卵やおつまみ、おしぼり等専門業者などの関係事業者には全く補償がないことにも心が痛みます。
新型コロナウイルスへの感染を、ここでしっかりと食い止める必要があることは確かですので、小売の酒屋でお得意様に育てられた娘の一人として、飲食店はじめ多くの事業者の皆様の事業の継続に向けての踏ん張る努力を心から応援します。

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed