エントリー

三鷹市の三鷹の森学園コミュニティスクール委員会」が令和2年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰されました。

三鷹市の三鷹の森学園コミュニティスクール委員会」が令和2年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰されました。

2月25日、第73回優良公民館表彰と令和2年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰の表彰式が、対面とオンラインを併用するハイブリッド方式で、初めて合同で開催されたとのことです。
そして、「地域学校協働活動」推進については、三鷹市の「三鷹の森学園コミュニティスクール委員会 」が受賞したと公表されています。

三鷹の森学園は、三鷹市の「コミュニティ・スクールを基盤とした小中一貫教育」を進める7つの学園のうちの一つで、三鷹市立第五小学校(三鷹市井の頭)、高山小学校(同牟礼)、第三中学校(同牟礼)で構成されています。
2019年度は、学園創立10周年、市立第五小学校創立70周年の年度で、コロナ禍の前でしたので、私は幸いにもそれぞれの記念行事に参加することができました。

学園創立10周年記念式典では、子どもたちの発信する「言葉のチカラ」に元気づけられました。
今はコロナ禍で、コミュニティスクール委員会の活動も決して容易ではないと思います。
けれども、子どもたちを常に真ん中に置いて、コロナ禍に負けないで、日頃の地道な活動を継続されてこられたご努力が表彰されましたことを心から祝福します。
まことにおめでとうございます

文部科学省のホームページでは、「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰とは、地域と学校の連携・協働により、社会全体で未来を担う子供たちの成長を支え、地域づくりに資する活動のうち、他の模範となるものを表彰するものと紹介されています。
三鷹市でのコミュニティスクールの取り組みは、前例がほとんどない中にあって、保護者と地域住民が、校長はじめ教職員との信頼関係を確固たるものとしつつ、小学校と中学校の学校教育に責任を持って貢献する活動を創意工夫されてきました。

これまで、三鷹の森学園だけでなく、すでにいくつかの学園が文部科学大臣表彰を受けています。
三鷹市のコミュニティスクールを作ってきてくださった皆様のご努力に心から敬意を表します。
三鷹の森学園におかれましても、保護者の代表が多く担ってくださった歴代会長を中心に、積み重ねてきた地域と学校の協働の実践に誇りを持って、今回の表彰を糧に、今後も前進を続けてくださることを願っています。

https://www.mext.go.jp/content/20210122-mxt_chisui01-000012285_3.pdf

ページ移動

ユーティリティ

記事検索Entry Search

Search
キーワード

過去ログArchives

RSS Feed